還暦祝いに贈る品物の購入費

還暦祝いに贈る品物の購入費はだいたい2万円くらいにする人が多く、それに食事代や旅行代として一人につき2万円ほど予定するようですね。

二親(ふたおや)とも元気で、還暦は父親という場合、旅行や食事は母親と二人分必要ですから、総予算としては6万円前後になると思います。

ただ、どんなお祝いをしたいのかによっても概算費用は変わります。

段取りする子供の年齢層は、自分たちの子供の養育費などがかかる年代でもあるので、少し前から、例えば地道にお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどう書く?本卦還りは文字とおりお祝いなので、蝶結びにして赤と白の水引ですね。

書き方として一般的なのは水引の上は「寿還暦」などですが、もっとフランクに感謝の気持ちを表す言葉で十分だと思います。

下に書くのは、贈る人の名前です。

お祝い品を受ける人ではないんですね。

還暦は、男性でも女性でも同じ差はありません。

ただずいぶん前は、男を家の跡継ぎにするという風習があったので還暦を祝うのは男だけにして、そのせいで現在でも女性を対象にしない地域もあるようです。

とは言え年齢を気にする女の人は少なくないですし、年寄の印象が強い本卦還りのお祝いというよりもハッピーバースデーとしつつ本卦還りを祝うサプライズも楽しいですね。

還暦のお祝い品の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈る人が名前を記しますが、実際は誰からの贈り物かわかるのであればどんな書き方でも、まあ構わないでしょう。

複数の名前にするなら書くのは2、3名くらいだとちょうど良いと思いますが、多くても支障ないですね。

一応、2名を超えるときは子供・孫一同と記した方が、見た目がいいかもしれません。

本卦還りの贈り物は、何にすればいいのか楽々と決めるのは難しいです。

いくつかの案のうち「還暦ならではの」ものにはしない探し方だと選びやすいかもしれません。

親世代は還暦=年寄という構図を持つ人が多いので、還暦にこだわり過ぎない方がありがたさも倍増ですね。

色合いも派手にとは言わないまでも、寒色よりピンポイントの赤が生かされているといいですよね。

例でいうと女性への贈り物として、赤ちゃんに還る意味合いの本卦還りだからこそ、持つ人のパワーを高めるベビーリングをプレゼントするのはどうですか?のしには、内のしと外熨斗(そとのし)があります。

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

また外のしは、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかがすぐわかります。

一方、内のしは開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外のしと内熨斗(うちのし)でどちらが正解ということではありません。

昔の職場では、還暦と同時に仕事を辞める人が、たくさんいました。

近年は、世間の価値が変わったからで、現役続行者がむしろ当たり前のようです。

そのような人は、職場の同僚などから還暦祝いをするといった話はよく聞きます。

予算としては、少なくても一人1000円からの徴収でお祝いの品物を準備しますね。