贈り物の費用は神通の頭割りで

だいぶ前の会社では、還暦と同時に仕事を辞める人が、多かったようです。

しかし最近は、全般的に長寿になったからと考えられますが、現役続行者がある意味当然のように見えます。

そのような人は、会社の同僚から60歳の節目の誕生日を祝うサプライズでほのぼのすることもあるようです。

それに一口乗ろうとすれば、人数で頭割りして1000円からの予算でお祝い品を手配する感じです。

還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側は贈る人の名前ですが、贈り主を勘違いすることがなければ、姓だけでもそれほど気にしなくても大丈夫です。

複数の名前にするなら2人分くらいが具合がいいですが、少なくても問題ありません。

敢えて言うなら多い場合は、子供・孫一同とした方が、見た目はスッキリしますね。

満60歳還暦のプレゼントは、何が最適か楽々と決めるのは難しいです。

様々な考え方の中で、年寄を連想しないように選び方だと探しやすいと思います。

ご当人世代は、還暦に年寄というイメージを持つ人が少なくありませんので、還暦を意識しすぎない方が喜ばれると思います。

ですので色合いは、暗い色ばかりでなくピンポイントの赤が基本です。

ちなみに女性に贈るなら還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、誕生石を埋めたベビーリングをプレゼントするのはどうですか?本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどうするか?本卦還りのお祝いはお祝いの行事なので、蝶結びそれと赤と白の水引を使います。

書き方として一般的なのは水引の上は「祝還暦」などですが、もっと親しみを込めて労いの気持ちを示す言葉で率直でいい感じだと思います。

下には贈り物を準備した人の名前を書きます。

本卦還りご当人の名前ではありませんので注意しましょう。

のしには、内のしと外熨斗(そとのし)があります。

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

一方、内のしは開けないと何のお祝いを誰からなのか不明です。

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外のしと内のしでどちらが正解ということではありません。

還暦のお祝い品の予算は2万円くらいと言われていて、それと旅行代、会食代として一人につき2万円ほど追加予算するケースが多いです。

両親健在で父親が還暦なら食事や旅行は母親と一緒にするようでしょうから、全ての予算として6万円くらいはかかりそうです。

そもそもどんなお祝いをするつもりでいるかによって予定する金額に違いがあります。

親が60歳の子供は、子供の養育費や教育費がかかる世代なので、その時に困らないよう自分のたばこの本数を減らしてでも準備しませんか?還暦の内容は、男も女も違いはありません。

ただ以前は、家の跡継ぎを男性にするという風習があったので本卦還りのお祝いは男だけで、それがあったから現在でも男性だけというところはなくなっていません。

とは言え年を気にする女性も多いですし、年寄の印象が強い本卦還りのお祝いというよりも誕生日のお祝いという名目で本卦還りを祝う演出ならいいのではないでしょうか。