離れて暮らす人には宅配便で送る

実家を離れて暮らす方がお祝いの席を持てないのであれば、宅配便などでプレゼントを届けることでしょう。

それは仕方がないことと間違いではないにしても持参しながら顔を出してあげるのが、感激されることでしょう。

持参できないときは、カードなどで感謝の気持ちを伝えたり、節目の60歳を純粋に祝う気持ちを書いたりして出向けないことを補う心遣いは、大切にしてください。

そして電話も忘れずにすることで、忘れがたい還暦の思い出になることでしょう。

本卦還りを祝うための品物は、お祝いの会がご当人の実家などならばかさばるものでも問題ありません。

しかし、自宅とは別の場所で会食などを行うならば、、大きなものにしない方が良いでしょう。

実家に戻る途中で、壊したりしたら凹みますよ、ご当人は。

せっかくの還暦を祝う場面なので準備したプレゼントが皆の前にあった方が確実に盛り上がるでしょうけど、国内旅行など手にもてないものを手配することもありますから贈り物を披露するという感じではないですね。

本卦還りということで、先人の例を鑑み赤が目立つ贈り物がいい意味でありがちです。

ただ最近はそれに強くこだわらないで、年齢に関係なく趣味性の高いものや人生の通過点として記念のものを贈る方も多くなっていますね。

人生60年の節目としての贈り物は、健康を維持してほしい願いやこれまでの恩に報いるようプレゼントを選びましょう。

ご当人の趣味のもの、記念として飾るような物の考え方は様々ですが、渡すその場で感謝を表す意味合いの言葉をかけてあげましょう。

そうすれば、貰った贈り物を考えるたびにその場面を走馬灯のように思い出すことでしょう。